昭和大橋歯科医院 Dr.Chicoの日記

前橋の昭和大橋歯科医院 院長Dr.チコの日々の想いを綴っています。

高みの‥

今朝のスイスーセルビア戦の死闘

面白かったですねー。

 

他人事感もあるし

まぁー、両チームが強いったらないし

プチ乱闘もあったりしてですね

見応えがございました。

 

映画「クローズ」に例えると

 

超ヤンキーで喧嘩が強くて有名な

スペイン高校とドイツ高校との

喧嘩を前にした日本高校。

 

もう、ビビりまくりだったと思うんですよね。

 

「や‥やるっきゃねぇだろ!!」と

山田孝之が気合を入れるも

正直なトコロ、

非常に怖かったわけですよね。

 

だけど勝っちゃった。

 

もう日本高校としては余裕ですよ、さしあたり。

 

そして後輩が

「先輩っ!スイス高校とセルビア高校がやるらしいですっ!」と

教室に駆け込んできて

「そうか!」と、喧嘩を観に行くわけですよね。

 

この2校も

有名な強いヤンキー高校。

 

セルビア高校は

スラブ気質ってんですかね

比較的希少も荒いんだけれども

有名だし喧嘩も強い。

 

しかしながら

スイス高校も屈強。

 

日本高校としては

高みの見物ですからね。

 

私は体重40キロの

ラブラドールのネネを抱っこしながら

そんなクローズ気分で

観戦した次第です。

 

 

 

荷が重い?

日本、勝ちましたねー!!

 

グループリーグ1位通過は

日韓W杯以来でしょうか。

 

主審が少し日本に厳しかったし

前半はあんな調子でしたから

 

ドイツーコスタリカ戦を

ググってチェックして

ドイツが1点入れた時に

 

「神様、仏様、コスタリカ

どうか!1点をお願いします。」なんつって

お祈りしたりしておりましたが

 

後半のプレイ!

 

素晴らしい!

 

特にこれはVARのおかげでございますね。

 

 

1ミリ程、オンラインかと。

 

まぁ、いずれに致しましても良かった!

 

こうなると

次回は対クロアチアになりますね。

 

対モロッコ戦の場合ですと

彼らのフィジカルでガチガチとくる

プレイスタイルを考えると

日本としてはクロアチアの方が

やりやすいのではないでしょうか。

 

さて

試合が終わって

夫と電話でお祝いムードを楽しんでおりましたら

 

セルビア人の仲良しの友人達から

グループメッセージがあり

「日本、やったね!!

次はクロアチアだから

絶対にやっつけて欲しい!」と、鼻息が荒い。

 

やっつける?

 

確かにセルビアクロアチアは仲が悪いんですよね。

紛争がございましたから。

 

延々とクロアチアに対する

恨みつらみを聞かされて

”Storm"を知っているか?と聞かれて

 

わかんないと言うと

リンクを送ってきて

「嵐作戦」なる事の様で

大虐殺があったんだよとか

延々と聞かされまして

 

それはそれで

本当にお気の毒な事ではあるんですけれども

私のお祝いムードがね‥

すっかり尻窄みになってしまいましてね。

 

コロナが完全にあけたら

クロアチアに旅行したいと思っているんですが

絶対に言えませんでした(苦笑。

 

というわけで

次回の対クロアチア戦は

「絶対に日本に勝って欲しい!」との事。

 

荷が重いんですけれども

頑張ります(←選手じゃないっしょ!)

 

 

 

カツオ風味の〜♪

以前も何度か申し上げましたが

「最後の晩餐では何を食べたいか」と聞かれたら

母の作った卵焼き。

 

中に鰻を入れた

鰻巻きのバージョンも好き。

 

しかし

母はもう歳のせいか

頼んでも作ってくれないわけです。

 

十数年前までは

「風邪をひいて熱が出て

何日も食べていない。」と嘘をつくと

煮物と卵焼きを作って

高崎の自宅から

車ですっ飛んできてくれたんですけれどもね。

 

最近では嘘をついても

おそらくUberの事でしょうか

「宅配が流行っているんでしょう?

頼めばいいじゃないの。」と冷たい。

 

チッ‥あいつ‥完全に子離れしやがったな‥と

地団駄を踏んでいるアラ還の娘。

いまだに親離れしていない。

 

厚焼き卵は

もちろん私も作りますけれども

レシピとしては

卵、白だし、みりん、酒

そして最近、超ハマっている鯛塩。

 

しかし母のそれとは全然違うんですなぁ。

 

そこで彼女にレシピを聞いてみた。

 

すると

「卵とみりんとお酒と

ほんだしだけよ。」と言う。

 

えぇっ?!

 

「面倒だから

”カツオ風味のほんだし〜♪”を

直接入れちゃうわね。」

 

出し汁を使わないのぉ?と驚くと

彼女のプライドが少し傷ついたのか

「子供を4人育てながら

お父さんの病院の経理をして

問題児(私ですな)の尻拭いに追われていると

そんな暇はなかったわね。」との事。

 

な‥なるほど。

左様でございますか。

問題児で大変失礼致しました(苦笑。

 

そういうわけで

早速Amazon

ほんだしを注文致しました。

 

 

 

 

 

ノーコメント

日本ーコスタリカ戦に関しましては

ノーコメント。

 

しかし

こうなると

4時からのスペインードイツ戦では

どうしてもスペインに勝ってもらわないと困るわけでしてね。

 

しかしながら

スペインはドイツとは相性が悪く

果たして勝てるんかなぁと心配しております。

 

因みに

現地の日本人サポーターで

ボーリングのピンの着ぐるみを着ているグループが

画面上でよく見受けますけれども

 

あの方々のお一方は

群馬県の農二出身だそうな(笑。

 

また群馬のゆるキャラ

ぐんまちゃんを被っていた女性もおりましたね。

 

微笑ましい。

 

またベルギーーモロッコ戦では

日本人女性の審判がおられましたねー。

 

まー、凛として美しい女性でございました。

 

国際大会でも

これからどんどん女性の審判が排出されると嬉しいですね。

 

さて

昨夜は日本戦の前に夫が帰ってまいりまして

今年になってはじめて

彼に食事を作りました。

 

うちの様な別居婚のメリットは

たまに食事を作るものですから

「うわ〜、ありがとう。」とか

「美味しいよ。」と、言ってもらえる事でございますな。

 

最近

糠漬けセットなるものが売っていて

野菜をつけたその日から

美味しく食べられるというのが謳い文句でございますが

あれ、ダメですね。

 

結局、昆布、干し椎茸等

諸々の好みの出汁を加えて

捨て野菜で暫く馴染ませないとダメかと。

 

一ヶ月程前から始めて

やっとここ最近

旨みが出てきて

美味しくなったので

 

夫の好きなカブとキュウリの糠漬けを出しまして

彼に大絶賛してもらい

ちょっと嬉しゅうございました。

 

W杯は昔は64試合全部観ても

翌日、何の支障もなかったのですが

年齢でしょうか。

 

そろそろ眠くなってきました。

 

クロアチアーカナダ戦は捨てて
これからスペインードイツ戦まで仮眠します。

 

おやすみなさい。

ノイローゼ?

すいません‥毎回、毎回W杯の話ばかりで。

 

軽いノイローゼなんでね。

 

さて

海外の友人達から

「日本は頑張っているね!」

という類のメッセージを沢山頂戴致します。

 

「確かにドイツには勝ちましたけれども

まだまだ始まったばかりですから

チーム一丸となって

一生懸命頑張ります。」と

 

お前、選手かよっ!という返信をしたりして(笑

 

ちょっぴり私自身が海外にむけて

日本代表の代弁者のつもりでいるものだから

図々しいったらない。

 

海外の友人が日本を応援してくれるのも

私が日本人という事もあるんですが

海外のひとり旅をして思うのは

特に欧州あたりでは

日本人はそもそもがお行儀が宜しいので

非常に評判が良い。

 

JAPANのパスポートは最強かと。

 

今夜はコスタリカ戦ですね。

 

夫に言わせると

日本はドイツやスペインとは比較的やりやすくて

むしろコスタリカが面倒なんだそうな。

 

これ、私の邪推で申し訳ないんですが

中南米はことサッカーにおいては

姑息なズルをするという印象がございましてねぇ。

 

でもVARもございますんでね。

 

しっかし

時代は変わりましたねぇ。

日本がある程度、欧州のチームと

互角に戦えるとは

ものすごい進歩でございますね。

 

昔は日本代表とはいえ

柳沢的ってんですか?

まー、イライラさせられる事も多々ございましたが

そういったストレスがないという仕上がりの進歩。

 

今夜は夫が

「一緒に観ようか」と帰ってくるそうで

 

電話で

「わ〜い!嬉しい!」とは言いましたが

本音を申し上げると

「チッ‥、スーパーに夕食の支度の

買い出しに行かなきゃならねぇな‥」と(苦笑。

 

 

 

 

口元が

昨夜と申しますか

ポルトガルーガーナ戦。

 

クリロナこと

クリスチアーノ・ロナウド

歳をとりましたねぇ。

 

ポルトガルは優秀な選手が多いですが

今回のゲームは

早々にクリロナを下げた方が

もっといい試合運びになった様な。

 

彼の事は大好きだったんですけどねぇ。

 

昔は彼の試合を観ていると

「もし彼にプロポーズされたらどうしよう。

五井さんに何て話を切り出そうかしらん。

いや、医院もあるしな。」

な〜んつって妄想しているうちに

点が入って慌てたりして

そんな時代もございましたね。

 

ポルトガルには

23歳のフェリックスという

とても優秀な選手がおりまして

これが非常にイケメン。

 

私はクリロナからフェリックスに

心変わりしております。

 

しかしながら

私も歳のせいか

流石に「もしプロポーズされたら」の妄想は

皆無になりましたね。

 

うちのくたびれた亭主で十分だなぁなんて

思ったりしております。

 

因みにこのフェリックスですが

口元が非常に気になります。

 

出来れば矯正した方が宜しいかと。

 

早速、矯正のゆうこ先生に写真を見せると

「あー、はいはい。これは気になるわね。」と

診断して頂き

治療法をいくつか伺いました。

 

職業病でございますな。

 

「DMを送ってみればいいじゃない?」と

半笑いのゆうこ先生。

「W杯のお忙しい中、恐縮ではございますが

矯正をした方が宜しいかと存じます。」と

送ってみようかな(笑。

 

 

LINEで

W杯は我が家の一大イベントで

夫婦で観戦して楽しんでおりましたが

夫が都内に住む様になってからは

1人で観るようになりました。

 

しかし

LINEで互いに連絡し合い

楽しんでおります。

 

昨日の19時からの

クロアチアーモロッコ戦あたりだと

さしあたり日本に関係がないので

リラックスして観戦できますから

LINEもこうなる。

 

 

 

これが日本ードイツとなると

話が変わってきますな。

互いに集中しておりますからね。

 

 

 

最小限の文章でやり取りして

感動を共有する。

 

試合が終わると

すぐにインプラントの姫野先生からLINEがくるのも慣わし。

 

 

 

よっしゃ、よっしゃと盛り上がり

25時からの

スペインーコスタリカの試合を観て

一気に意気消沈。

 

スペインはやっぱり強いですねぇ。

ここと戦うのか‥と憂鬱になる。

そもそも今回のドイツも

あまり調子が良くなかった様な。

ドイツは決める時にはどんどん決めるチームですからなぁ。

 

感動的な勝利に歓喜するも

あのスペイン戦を見せつけられて

一気に落ち込んだりして。



28時のベルギーーカナダの試合は

すっかり疲れて寝落ちしてしまいました。